キャピキシルのエビデンス【データ】

 

<< 毛髪大作戦

 

今話題の育毛成分であるキャピキシルのエビデンスが気になったので、詳しく調べてみました。

 

医学誌などの実験データもあります。

 

キャピキシルのエビデンス データ

 

エビデンス(証拠、根拠、臨床実験などの科学的検証結果)

 

 

キャピキシルのエビデンス【データ】

 

キャピキシルのエビデンス【データ】

 

キャピキシルのエビデンス【データ】

 

 

 

 

臨床実験で全脱毛症の95%を占めると言われているアンドロゲン性脱毛症患者の頭皮に
1日1回 5%キャピキシルを塗布することにより、
成長期の毛髪を増やし、毛髪密度も増加した。

 

さらに、ヒト毛包培養実験コントロール群では、
ミノキシジルの投与群では+52%だが、
キャピキシルの成分であるアセチルテトラペプチドを投与した場合は
3倍の+156%の毛髪の伸長率という結果が出た。

 

アンドロゲン性脱毛症は、全脱毛症の95%を占めると言われており、
男性のみならず女性、特に40歳以上の女性の50%程度に影響を及ぼしている。

 

であるのでキャピキシルは男性だけでなく女性の薄毛対策としても使用出来るといえる。

 

以上のキャピキシルのエビデンス情報は、キャピキシルを開発したLUCAS MEYER COSMETICS社の技術ファイルを主に参照

 

 

実験のエビデンス データ

 

キャピキシルのエビデンス【データ】

 

 

★キャピキシルの成分であるアセチルテトラペプチドを用いた実験

 

3日間のヒト線維芽細胞培養実験において
真皮の細胞外マトリックス蛋白成分であるタイプVコラーゲンとラミニン成分の合成がそれぞれ65%, 285%増加した。

 

8日間のヒト毛包培養実験において
毛髪の伸長が35%増加というエビデンス

 

7日間のヒト線維芽細胞培養実験において
毛包の固定に重要な役割を果たすコラーゲン成分の合成が35%増加した。

 

7日間のヒト毛包培養実験においては
ミノキシジル投与群は+52%の伸長だが
キャピキシルの成分であるアセチルテトラペプチド投与群はその3倍の+156%も伸長した。

 

 

★キャピキシルの成分であるアカツメクサ花抽出液に豊富に含まれているビオカニンAを用いた実験では

 

薄毛の原因となる5-α還元酵素タイプ1とタイプ2の活性を3時間の細胞培養実験で、それぞれ64%, 93%に低減させる結果に。

 

 

24時間のヒト線維芽細胞培養実験で、
脱毛の原因となる炎症性サイトカインIL-8の産生をキャピキシル0.5%群及び1%群でそれぞれ33%, 48%低下させた。

 

キャピキシルの入っている育毛剤

 

高濃度キャピキシルの育毛剤
キャピキシル配合育毛剤の有効成分は発毛効果を専門家が立証した信頼のおける育毛剤といえます。
配合成分の種類も豊富で相互作用が期待できます。

 

キャピキシルのエビデンス【データ】

 

キャピキシルが濃度5%配合、
さらに、ノーベル賞受賞の成分であるフラーレンも配合されています。

 

返金保証があるので気楽に試せます

 

>> キャピキシル濃度5%配合の育毛剤の詳細